【名言】僕たちの音楽は、生きるという祝典の伴奏音楽にすぎない。

※スポンサーリンク※
※スポンサーリンク※

ジェリー・ガルシア

ジェローム・ジョン「ジェリー」ガルシア(Jerome John “Jerry” Garcia, 1942年8月1日 – 1995年8月9日)は、アメリカ合衆国のミュージシャン。グレイトフル・デッドのリードギタリストであり、1960年代のカウンターカルチャーの象徴としてよく知られる。ガルシア自身はその役割を否定したが、グレイトフル・デッドのリーダーまたは「スポークスマン」と見なされた。

グレイトフル・デッドの創立者の1人として、ガルシアは30年のキャリアをバンドと共に過ごした。彼はまた、多様な各種のサイドプロジェクトに参加し、その中には長年の友人マール・サンダースと結成したサンダース-ガルシア・バンド、ジェリー・ガルシア・バンド、オールド・アンド・イン・ザ・ウェイ、ガルシア/グリスマン、リージョン・オブ・マリー、ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セイジ(ジョン・ドーソン、デヴィッド・ネルソンと共に結成)が含まれる[2]。彼はまた何枚かのソロアルバムをリリースし、多くの他のミュージシャンのアルバムにセッションミュージシャンとして参加した。彼はその卓越したギター演奏で知られ、ローリング・ストーン誌の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第13位、2011年の改訂版では第46位に選ばれている。

後年ガルシアは糖尿病に苦しみ、1986年には糖尿病性昏睡で生死の淵をさまよった。その後症状は多少改善したが、彼はこの他にもヘロインやコカイン中毒でも苦しみ、1995年8月、カリフォルニアの薬物リハビリ施設に入院中に心臓発作のため死去した。

出典:Wikipedia


ブログランキング・にほんブログ村へ

※オススメ記事

 何かをさせようと思ったら、一番忙しいヤツにやらせろ。それが事を的確にすませる方法だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました